イネ法典(読み)イネほうてん(英語表記)Laws of Ine

世界大百科事典 第2版の解説

イネほうてん【イネ法典 Laws of Ine】

イギリスのアングロサクソン時代の一王国であったウェセックスWessexの王イネ(在位688‐726)が編纂したとされる法典。この前後のヨーロッパに多く見られる部族法典の一つで,後にイングランドを統一するウェセックス王国の最初の法典として有名である。内容は他の部族法典と同様,主として種々の犯罪に対する贖罪金表から成っているが,他のアングロ・サクソンの部族法典と同じく,ラテン語でなくアングロ・サクソン語で書かれ,またローマ法の影響が薄いなどの特徴がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイネ法典の言及

【休日】より

…それは天地創造の神が第7日目を休息日としたという故事にならったものである。7世紀に編纂されたアングロ・サクソンのイネ法典には,安息日に労働した者に罰金を課し,安息日に奴隷を労働させた者に対して,その奴隷を解放すべきことが規定されている。また,フランクのカール大帝も勅令により安息日を定め,安息日の労働を禁止した。…

※「イネ法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android