コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノベータ理論

マーケティング用語集の解説

イノベータ理論

消費者を製品購入態度により5つに分類する考え方。革新者・早期採用者・前期多数採用者・後期多数採用者・採用遅滞者の5つ。
5つの採用者の比率は、革新者(2.5%)・早期採用者(13.5%)・前期多数採用者(34%)・後期多数採用者(34%)・採用遅滞者(16%)と定義されます。これら5つのグループはそれぞれ独自の価値観から行動し、製品やサービスの採用を行います。図からもわかるとおり、多くの消費者は多数の消費者が新しい製品やサービスを試した後から行動を起こします。企業が新しい製品やサービスを市場に投入するにあたり、革新者と早期採用者の特性を調査し、ここに絞ったマーケティングを展開してゆくことが事情に重要な課題といえます。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

マーケティング用語集の解説

イノベータ理論

消費者の新商品購入に対する態度を分類したもので、購入の早い順からイノベータ=革新的採用者(2.5%)、アーリー・アドプター(オピニオンリーダー)=初期少数採用者(13.5%)、アーリー・マジョリティ=初期多数採用者(34%)、レイト・マジョリティ=後期多数採用者(34%)、ラガード=伝統主義者(または採用遅滞者)(16%)の5つに分けられる。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

イノベータ理論の関連キーワードイノベーションのベルカーブレイター・マジョリティ消費者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イノベータ理論の関連情報