イバシュキエビチ(英語表記)Jarosław Iwaszkiewicz

世界大百科事典 第2版の解説

イバシュキエビチ【Jarosław Iwaszkiewicz】

1894‐1980
ポーランドの詩人,小説家。ウクライナに生まれ,第1次世界大戦後ワルシャワで若手の詩人グループ〈スカマンデル〉を結成。東方的な香りに富んだ美的色彩の強い詩を書く。散文では《白樺林》(1933),《ビルコの娘たち》(1934)などの短編に佳作が多く,生と死,愛と狂気のテーマにとりくんだ名作に《尼僧ヨアンナ》(1943)がある。第2次大戦後は文壇の長として作家組合や雑誌編集等で活躍。【西 成彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android