コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバシュキエビチ Jarosław Iwaszkiewicz

1件 の用語解説(イバシュキエビチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イバシュキエビチ【Jarosław Iwaszkiewicz】

1894‐1980
ポーランドの詩人,小説家。ウクライナに生まれ,第1次世界大戦ワルシャワで若手の詩人グループスカマンデル〉を結成。東方的な香りに富んだ美的色彩の強い詩を書く。散文では《白樺林》(1933),《ビルコの娘たち》(1934)などの短編に佳作が多く,生と死,愛と狂気のテーマにとりくんだ名作に《尼僧ヨアンナ》(1943)がある。第2次大戦後は文壇の長として作家組合や雑誌編集等で活躍。【西 成彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イバシュキエビチの関連キーワードスカロンプーシキンポーポーランド回廊ポーランド語ポーランド分割ミウォシュレニエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone