コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバシュキエビチ Jarosław Iwaszkiewicz

世界大百科事典 第2版の解説

イバシュキエビチ【Jarosław Iwaszkiewicz】

1894‐1980
ポーランドの詩人,小説家。ウクライナに生まれ,第1次世界大戦後ワルシャワで若手の詩人グループ〈スカマンデル〉を結成。東方的な香りに富んだ美的色彩の強い詩を書く。散文では《白樺林》(1933),《ビルコの娘たち》(1934)などの短編に佳作が多く,生と死,愛と狂気のテーマにとりくんだ名作に《尼僧ヨアンナ》(1943)がある。第2次大戦後は文壇の長として作家組合や雑誌編集等で活躍。【西 成彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イバシュキエビチの関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門黒人問題[各個指定]芸能部門印僑醸造業国際オリンピック委員会RCA情報化社会平山郁夫

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android