コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバシュキエビチ Jarosław Iwaszkiewicz

1件 の用語解説(イバシュキエビチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イバシュキエビチ【Jarosław Iwaszkiewicz】

1894‐1980
ポーランドの詩人,小説家。ウクライナに生まれ,第1次世界大戦ワルシャワで若手の詩人グループスカマンデル〉を結成。東方的な香りに富んだ美的色彩の強い詩を書く。散文では《白樺林》(1933),《ビルコの娘たち》(1934)などの短編に佳作が多く,生と死,愛と狂気のテーマにとりくんだ名作に《尼僧ヨアンナ》(1943)がある。第2次大戦後は文壇の長として作家組合や雑誌編集等で活躍。【西 成彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イバシュキエビチの関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA日清戦争自動車工業リーケの原理日清戦争ロシア映画ウォン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone