イブリシュルセーヌ(英語表記)Ivry-sur-Seine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブリシュルセーヌ
Ivry-sur-Seine

フランス北部,バルドマルヌ県工業都市。パリ南東郊,セーヌ川左岸にあり,パリと地下鉄で結ばれる。金属,自動車,食品の工業が発達し,セーヌ河港に陸揚げされる食料品材木,燃料などの集散地としての機能も重要。第2次世界大戦時にドイツ軍に射殺された 860名のフランス愛国者の墓がある。人口5万 4106 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android