イブン・アンナディーム(英語表記)Ibn al‐Nadīm

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アンナディーム【Ibn al‐Nadīm】

936ころ‐995か998
ナディームとも呼ばれる。988年に完成された《目録の書Kitāb al‐fihrist》の著者。バグダードで書籍業を営む父の薫陶で幼少時からアラビア語写本に親しむかたわら,イスラム諸学を修めた。《目録の書》は,988年までにアラビア語で著された書物の総合目録を意図したものであるが,イスラム諸学に限らず,ユダヤ教,キリスト教からマニ教,ヒンドゥー教等にも及び,とくにこれらの部分では文献目録を超え,著者独自の見解が述べられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android