コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アンナディーム Ibn al‐Nadīm

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アンナディーム【Ibn al‐Nadīm】

936ころ‐995か998
ナディームとも呼ばれる。988年に完成された《目録の書Kitāb al‐fihrist》の著者。バグダードで書籍業を営む父の薫陶で幼少時からアラビア語写本に親しむかたわら,イスラム諸学を修めた。《目録の書》は,988年までにアラビア語で著された書物の総合目録を意図したものであるが,イスラム諸学に限らず,ユダヤ教キリスト教からマニ教,ヒンドゥー教等にも及び,とくにこれらの部分では文献目録を超え,著者独自の見解が述べられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・アンナディームの関連キーワードラウールヨハネス16世(17世)レオ7世燕雲十六州長徳マフムードグレゴリウス5世高階成忠シルウェステル2世高階成忠

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone