コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・サイード Ibn Sa‘īd

1件 の用語解説(イブン・サイードの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・サイード【Ibn Sa‘īd】

1213‐86
アンダルスのアラブ系の歴史家,詩人,地理学者グラナダ近郊で生まれ,セビリャで学ぶ。1241年父親とともにメッカ巡礼に出発,途中カイロに滞在し,多くの学者と接する。その時,彼の《美しきマグリブの書》が大評判になったといわれる。同書はイスラムの征服から1135年までのマグリブ・アンダルス史である。1249年,カイロを去りメッカ巡礼を果たし,さらにイラクシリアの各都市を旅し,帰途チュニスに滞在(1254∥55),ハフス朝の王ムスタンシルに仕えたが,67年再び東方へ出発し,イランを経てチュニスにもどり,同地で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイブン・サイードの言及

【旅行記】より

…彼の興味の中心は聖地とメッカ巡礼であり,この部分だけで全体の3分の1以上を占めている。 このほかにアッバース朝カリフが921年にボルガ地方へ派遣した使節団の一人イブン・ファドラーンの《旅行報告書》,サーマーン朝スルタンの中国使節(942ごろ)アブー・ドラフAbū Dulaf(生没年不詳)の《中国インド紀行》,グラナダ生れの旅行家アブー・ハーミドAbū Ḥāmid(1080‐1169)の諸旅行記,同じくスペイン生れのイブン・サイードIbn Sa‘īd(1213‐86)の諸旅行記,バグダード生れのアブド・アルラテーフAbd al‐Laṭīf(1162‐1231)の知性あふれる《エジプト紀行》,マムルーク朝下《アミール・ヤシュ・ベクのアナトリア・トルコ紀行》,同じくマムルーク朝下のスルタン,カーイト・バイ(在位1468‐96)の《ヒジャーズ紀行》などが代表的なものである。このほかアラビア語以外にもバルフ生れのペルシア人ナーシル・ホスロー(1003‐61)の《サファル・ナーマ》(ペルシア語),オスマン帝国の軍人旅行家エウリヤ・チェレビー(1611‐84)の旅行記(トルコ語)などがあり,他のジャンルに比べると少ないとはいえイスラム世界の旅行記文学は中世だけでも20以上を数える。…

※「イブン・サイード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・サイードの関連キーワード建暦横山時兼和田胤長和田常盛和田義盛タマラ建保タマラ金槐和歌集道の地域枠医師制度

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone