コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イベリア王国 イベリアおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

イベリアおうこく【イベリア王国】

古代東グルジアのギリシア語名。自称はカルトリKartli。東グルジアの種族は前4世紀ころ国家形成に向かい,コルキスを除く統一国家を建て,首都をトビリシに近いムツヘタに置いた。伝説ではアレクサンドロス大王の総督に対する反乱の指導者であったパルナバズが最初の王であった。ストラボンによると,住民は王族,僧侶,自由身分の戦士と農民,身分的には王の奴隷とされる平民の4階級に分かれていた。前66‐前65年のポンペイウスの侵入には,激しく抵抗したが,征服された後は好んでローマ化を受け入れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイベリア王国の言及

【グルジア】より


[歴史]
 (1)古代 この地域では青銅器時代後期に部族連合の形成が進み,前8世紀にはウラルトゥの碑文にディアオキDiaokhi,コルカKolkhaなどの名が見える。前6~前4世紀には西部にギリシアのアルゴナウタイ伝説の舞台コルキス王国,東部にイベリア王国が建てられ,以後,ギリシア,アケメネス朝ペルシア,セレウコス朝,ポントス王国,ローマなどの政治的・文化的影響下に発展した。4世紀には,キリスト教化が進み,イベリア王国では,聖女ニノの努力によって国教化された。…

※「イベリア王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イベリア王国の関連キーワードスベティツホベリ大聖堂ムツヘタの文化財群サムタブロ修道院ナルボ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android