コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムルー・アルカイス Imru’ al‐Qays

世界大百科事典 第2版の解説

イムルー・アルカイス【Imru’ al‐Qays】

500ころ‐540ころ
前イスラム期(ジャーヒリーヤ時代)アラブの詩人。キンダ王国の王子として生まれたが,生来の奔放さが部族原理に合わず,ならず者集団に身を置く。父王の訃報に接し,その復讐および王国の再建を誓い,追手を逃れてビザンティン帝国に援助を請うが入れられず,帰途死亡。彼の残した詩は一面では快楽的な生活を,他面では砂漠の自然や動物の鮮明な情景を活写しており,長詩カシーダの確立者と見なされている。【堀内 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イムルー・アルカイスの関連キーワードムアッラカートスカイナ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android