コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムルー・アルカイス Imru’ al‐Qays

1件 の用語解説(イムルー・アルカイスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イムルー・アルカイス【Imru’ al‐Qays】

500ころ‐540ころ
イスラム期(ジャーヒリーヤ時代)アラブの詩人。キンダ王国の王子として生まれたが,生来の奔放さが部族原理に合わず,ならず者集団に身を置く。父王の訃報に接し,その復讐および王国の再建を誓い,追手を逃れてビザンティン帝国に援助を請うが入れられず,帰途死亡。彼の残した詩は一面では快楽的な生活を,他面では砂漠の自然や動物の鮮明な情景を活写しており,長詩カシーダの確立者と見なされている。【堀内 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イムルー・アルカイスの関連キーワードジンミームスリムイスラム抵抗運動イスラム帝国汎イスラム主義イスライスラム共同体イスラム債券イスラム聖戦機構ファーラビー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone