コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イモキバガ(薯牙蛾) イモキバガ Brachmia triannulella

1件 の用語解説(イモキバガ(薯牙蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イモキバガ【イモキバガ(薯牙蛾) Brachmia triannulella】

鱗翅目キバガ科の昆虫。小型のガで,開張1.5cm内外。ほとんど日本全国に分布し,幼虫がヒルガオ科サツマイモヒルガオに寄生する。ことにサツマイモ畑でたくさん発生すると,かなりの被害が出ることがある。年に数回発生し,幼虫は春から秋まで見られる。葉を折り曲げて糸で結び,裏が外側になるようにして内側の表皮を食べる。成虫は春から秋まで数回現れ,秋に羽化したものはそのまま越冬する。【井上 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イモキバガ(薯牙蛾)の関連キーワード鱗翅類枯葉蛾蝙蝠蛾透翅蛾毒蛾虎蛾麦蛾鯱蛾広頭小蛾バクガ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone