コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラン史 イランし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラン史
イランし

イランの歴史は前 1000年紀初めのアーリア系イラン民族のイラン高原への侵入に始る。イラン民族は前6世紀中頃古代オリエント世界を統一,アケメネス朝 (前6~4世紀) ,パルティア帝国 (前3~後3世紀) ,ササン朝 (3~7世紀) のもとに高度の文化を発展させたが,7世紀,アラブ・イスラム教徒の支配下にその民族的独立を失った。しかし彼らの文化面での活躍はイスラム文化発展の一翼をにない,11~15世紀トルコ・モンゴル系異民族統治下にもその民族的文化を保持した。 16世紀初めサファビー朝 (16~18世紀) 成立によって政治的独立を回復。しかし 18世紀後半よりイギリスとロシアの侵略を受け,20世紀初めには半植民地化したが,第1次世界大戦を経て,1921年レザー・ハーン (のちシャー) の指揮下に独立を回復。彼の創始したパフラビー朝 (1925~79) 支配が半世紀あまり続いたが,79年ホメイニ師を最高指導者とするイラン=イスラム共和国が成立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イラン史の関連キーワードP.M. サイクスフダーイ・ナーマカージャール朝イラン立憲革命カラホージョ蒲生 礼一イラン学サイクス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イラン史の関連情報