イラーキー・ハマダーニー(英語表記)‘Irāqī Hamadānī

世界大百科事典 第2版の解説

イラーキー・ハマダーニー【‘Irāqī Hamadānī】

1213‐89
ペルシアの神秘主義詩人。ハマダーンに生まれ,ダマスクスに生涯を終えた。神秘主義修行者としてインド,西アジア諸国を放浪し,小アジアのコニヤでサドル・アッディーンに師事し,イブン・アルアラビーの〈愛〉とワフダ・アルウジュード(存在の単一性)の神秘的形而上学の奥義を伝授された。イブン・アルアラビー系の宇宙生成観と愛を主題にした神秘的抒情詩に秀でている。主著は《熱愛者の書》《閃光の書》。【松本 耿郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android