閃光(読み)せんこう(英語表記)schillerization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閃光
せんこう
schillerization

鉱物の結晶をある方向から見ると,表面からの反射でなく,内部からの青白い光を観察することがある。これを光という。閃光の見える角度範囲はあまり広くない。これが見える例としては,マイクロパーサイト構造を示すアルカリ長石古銅輝石などをあげることができる。閃光を呈する理由の一つに,微細な有色鉱物が閃光面に沿って配列されているためということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐こう〔‐クワウ〕【×閃光】

瞬間的に発する光。「雷鳴とともに閃光が走る」
鉱物中に一定方向に配列した微細な含有物などによって起こる特殊な色彩効果。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

閃光

長石,輝石,橄欖(かんらん)石などの鉱物が,初生変質的(deuteric)に変化すると,結晶の特定の面に沿って平面状,杆(かん)状,星状の包有物が発達する.これはある特定の角度で投影される光を反射して特別な現象を引き起こし,閃光(schiller)と呼ばれる現象である[Judd : 1885, Spencer : 1930, Winchell & Winchell : 1951].シラー構造はしばしば固溶体分離(exsolution)によって起こる.ドイツ語のschillerは光のきらめきを意味している.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せんこう【閃光】

瞬間的に強く光る光。ひらめく光。 「 -を発する」
鉱物の結晶に見られる光の回折現象によって生じる色彩効果。月長石などに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐こう ‥クヮウ【閃光】

〘名〙
① 瞬間的にひらめくひかり。ぴかぴかするひかり。
※菅家文草(900頃)一一・奉太皇大后令旨、奉為太上天皇御周忌法会願文「閃光易飛、衆生誰非石火乎」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「時々閃光を発するは蓋し磨き立てたる槍剣楯鎧の旭日に映じて光を放つものと知られたり」
② 鉱物中の微細な異物、劈開(へきかい)、繰り返し双晶などのために起こる、特殊な色彩効果。月長石などに見られる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閃光の関連情報