コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラ イラChoerodon azurio

3件 の用語解説(イラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラ
Choerodon azurio

スズキ目ベラ科。全長 40cmになる。体はやや長く側扁する。雄の成魚の額部はやや突出している。体色は紅褐色で,胸鰭腋部より背鰭基底の中央部にいたる暗黄緑色の斜走帯が1本ある。頬部は赤く,口唇は青色。東京以南,朝鮮半島南部,中国に分布する。食用とされるが,美味ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラ
いら / 伊良
white-banded taskfish
[学]hoerodon azurio

硬骨魚綱スズキ目ベラ科に属する海水魚。千葉県以南の南日本、朝鮮半島南部、台湾、南シナ海に分布する。体は側扁(そくへん)しているが厚みがある。体の地色は紅褐色で、中央に幅広い白色斜走帯があり、その前部は暗緑色を帯びる。口の周りや腹びれの前部は青い。全長40センチメートルになる。沿岸のやや深い岩礁にすみ、肉食性。夜は岩穴や岩棚で眠る。産卵期は6月ごろ。肉は水っぽく食用としての価値は低い。[荒賀忠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイラの言及

【アンドンクラゲ】より

…ハチクラゲ綱アンドンクラゲ科の腔腸動物。本州でイラ,北海道でタコテレレンと呼ばれる。熱帯太平洋から北上し,8~9月に日本各地に出現する。…

※「イラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イラの関連キーワードアイアイオマキザルメヌケ出世魚長門型戦艦アオリイカアカウオアジ(鰺)アツモリソウアメフラシ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラの関連情報