イリノイ・セントラル・ガルフ鉄道(読み)イリノイ・セントラルガルフてつどう(英語表記)Illinois Central Gulf Railways

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリノイ・セントラル・ガルフ鉄道
イリノイ・セントラルガルフてつどう
Illinois Central Gulf Railways

アメリカ合衆国中西部から南部への鉄道。イリノイ・セントラル鉄道がニューオーリンズ東部で,ガルフ・モビル・オハイオ鉄道のトラックを使うので,1972年合併し,現在の名称となった。主として貨物を運んでおり,その総営業キロ数は1万 4360km。全路線がシカゴでコントロールされている。またこの貨物鉄道はシカゴ市内に入らず,スー鉄道でカナダ方面へ,コンレール (連合鉄道) でニューヨークへ,ノーフォーク・ウェスタン鉄道でノーフォークへ接続する。ニューオーリンズからは輸入品である中南米からのコーヒー,スペインのオリーブ,インドの麻布,メキシコのサイザル麻などが積荷される。全米鉄道旅客輸送公社 (アムトラック) が旅客を受持つようになって,パナマ特別夜行列車がシカゴ-ニューオーリンズ間 1472kmを 18時間半で走る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android