コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレーヌ ジョリオ・キュリー Iréne Joliot Curie

20世紀西洋人名事典の解説

イレーヌ ジョリオ・キュリー
Iréne Joliot Curie


1897.9.12 - 1956.3.17
フランスの物理学者。
元・国立科学研究所長,元・ソルボンヌ大学教授。
パリ生まれ。
旧名イレーヌ キュリー。
物理学者ピエールとマリー・キュリー夫妻の長女で共同学校で教育を受け、その後パリ大学で学び、第一次大戦中は母の助手としてX線救護の従軍看護婦を務める。’18年キュリー研究所の研究員となり’25年学位取得後J.F.ジェリオと結婚、夫とともに’34年人工放射能を作りだし’35年ノーベル化学賞受賞。国立科学研究所長、ソルボンヌ大学教授を務めるが、戦後夫と共産主義運動を活発に行い米国化学会員にはなれず、放射能研究による白血病で死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

イレーヌ ジョリオ・キュリーの関連キーワードキュリー(Marie Curie)ジョリオ・キュリー(夫妻)ジョリオ・キュリー9月12日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android