コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従軍看護婦 じゅうぐんかんごふ

2件 の用語解説(従軍看護婦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぐんかんごふ【従軍看護婦】

戦地で傷病兵の看護に当たり,軍の指揮系統に属する看護婦。日本では,日本赤十字社の前身である博愛社がすでに西南戦争に際して看護人(男性)を熊本や長崎に送っている。日清戦争が起きると日本赤十字社は自社で養成した看護婦を臨戦地の宇品,広島へ派遣した。戦争に女性も参加するということで世人の注目をひき,このとき作られた《婦人従軍歌》(1894,〈火筒(ほづつ)の響き遠ざかる……〉)はのちのちまで歌われた。日露戦争では活動の場は朝鮮,満州まで広がり,死亡者も出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

従軍看護婦
じゅうぐんかんごふ

軍隊構成員である看護婦、赤十字社等の篤志(とくし)救済団体の職員である看護婦、中立国の承認された団体(当該国赤十字社等)の看護婦で、武力紛争時に傷病者の看護に従事する者をいう。衛生要員の一種であり、すべての場合に、尊重し、保護され、敵に捕らえられた場合にも捕虜とならないが、捕虜と同等以上の待遇を受ける。わが国では、日清(にっしん)戦争時108名、日露戦争時4417名、第二次世界大戦時3万1450名の日赤看護婦が戦地に赴いて傷病兵の看護にあたった。第二次大戦では看護婦の不足を補うため陸海軍が直接雇員として看護婦を募集した。1979年(昭和54)から日赤従軍看護婦、81年から旧陸海軍看護婦に慰労金が給付されることになった。[宮崎繁樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

従軍看護婦の関連情報