コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従軍看護婦 じゅうぐんかんごふ

2件 の用語解説(従軍看護婦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぐんかんごふ【従軍看護婦】

戦地で傷病兵の看護に当たり,軍の指揮系統に属する看護婦。日本では,日本赤十字社の前身である博愛社がすでに西南戦争に際して看護人(男性)を熊本や長崎に送っている。日清戦争が起きると日本赤十字社は自社で養成した看護婦を臨戦地の宇品,広島へ派遣した。戦争に女性も参加するということで世人の注目をひき,このとき作られた《婦人従軍歌》(1894,〈火筒(ほづつ)の響き遠ざかる……〉)はのちのちまで歌われた。日露戦争では活動の場は朝鮮,満州まで広がり,死亡者も出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

従軍看護婦
じゅうぐんかんごふ

軍隊構成員である看護婦、赤十字社等の篤志(とくし)救済団体の職員である看護婦、中立国の承認された団体(当該国赤十字社等)の看護婦で、武力紛争時に傷病者の看護に従事する者をいう。衛生要員の一種であり、すべての場合に、尊重し、保護され、敵に捕らえられた場合にも捕虜とならないが、捕虜と同等以上の待遇を受ける。わが国では、日清(にっしん)戦争時108名、日露戦争時4417名、第二次世界大戦時3万1450名の日赤看護婦が戦地に赴いて傷病兵の看護にあたった。第二次大戦では看護婦の不足を補うため陸海軍が直接雇員として看護婦を募集した。1979年(昭和54)から日赤従軍看護婦、81年から旧陸海軍看護婦に慰労金が給付されることになった。[宮崎繁樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

従軍看護婦の関連キーワードジュネーブ条約デュナンナイチンゲール傷病兵ジュネーブ諸条約と共通第3条傷病兵の治療体制大野ヨリ高松マサ町田栄子宮良ルリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

従軍看護婦の関連情報