コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロガワリ Boletus pulverulentus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロガワリ
Boletus pulverulentus

担子菌類マツタケ目アミタケ科。3~10cm,まんじゅう形,高さ4~10cm,径1~2cmの柄をもっている。表面は緑褐色ないし暗褐色で肉は黄色であるが,傷をつけると青変する。柄も肉とほぼ同色であるが,下部は赤みがかっている。傘の裏にひだはなく,細かい管孔が密にあって,担子胞子はこの管の内面に生じる。夏秋の頃,広葉樹林下の地上に生える。本州,北海道に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イロガワリの関連キーワードイグチ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android