イロガワリ(英語表記)Boletus pulverulentus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロガワリ
Boletus pulverulentus

担子菌類マツタケ目アミタケ科。3~10cm,まんじゅう形,高さ4~10cm,径1~2cmの柄をもっている。表面は緑褐色ないし暗褐色で肉は黄色であるが,傷をつけると青変する。柄も肉とほぼ同色であるが,下部は赤みがかっている。傘の裏にひだはなく,細かい管孔が密にあって,担子胞子はこの管の内面に生じる。夏秋の頃,広葉樹林下の地上に生える。本州,北海道に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android