コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インクタマバチ Cynips gallaetinctoriae

世界大百科事典 第2版の解説

インクタマバチ【Cynips gallaetinctoriae】

膜翅目タマバチ科の昆虫(イラスト)。体長5~6mmの褐色がかったハチで,中国西部から東ヨーロッパに分布する。幼虫はナラ類の小枝に直径15~20mm,ほぼ球形の虫こぶをつくる。この虫こぶは没食子(ぼつしよくし∥もつしよくし)と呼ばれ,とくにQuercus lusitanica var.infectoriaというナラにつくられた虫こぶは,タンニンを70%近くも含んでいる。このため古くから,イラン,トルコ,ギリシアなどからヨーロッパに輸出され,インキの製造,染色,皮なめしに用いられてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインクタマバチの言及

【没食子】より

…〈もっしょくし〉とも読む。ブナ科ナラ属Quercusなどの若枝の付け根に寄生したインクタマバチCynips gallaetinctoriaeによってできる虫こぶ。樹種,虫種以外は五倍子と同じである。…

【没食子】より

…〈もっしょくし〉とも読む。ブナ科ナラ属Quercusなどの若枝の付け根に寄生したインクタマバチCynips gallaetinctoriaeによってできる虫こぶ。樹種,虫種以外は五倍子と同じである。…

※「インクタマバチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インクタマバチの関連キーワードQuercus lusitanica var.infectoria

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android