コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インシュリノーマ

1件 の用語解説(インシュリノーマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

インシュリノーマ

インスリノーマとも。膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島B細胞にできる腫瘍。単発が多く,大部分は良性だが,まれに悪性の場合もある。腫瘍によってインシュリンが過剰に分泌され,1.空腹時や運動時の低血糖様発作,2.発作時の血糖値50mg/dl以下,3.ブドウ糖投与によって速やかに回復,のウィップルの3主徴が起こる。
→関連項目低血糖症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のインシュリノーマの言及

【血糖】より

…自然に血糖が60mg/100ml以下となれば,インシュリン分泌過剰か,血糖を上昇させる抗インシュリンホルモンの分泌低下が考えられる。インシュリン分泌過剰は自律性を欠いたランゲルハンス島β細胞の腫瘍(インシュリノーマinsulinoma)によることが多い。肝臓癌のあるものはインシュリン様活性物質を産生することがあるとの報告もある。…

【低血糖症】より

…糖尿病の母親から生まれた新生児でしばしば低血糖症がみられる。特殊な例として,高齢者に多いが,経口血糖降下剤の過量投与あるいは他剤併用による相乗効果のため,慢性的な低血糖状態(これを遷延性低血糖症という)となり,行動・性格異常などと誤認されたり,膵島腫瘍(インシュリノーマ)のため,同様に知能低下・精神病と誤診されることもままある。低血糖症の原因としては,一過性インシュリン分泌過剰(肥満者や胃切除後に多く,このような低血糖症を食後反応性低血糖症という),重症肝疾患(急性肝炎,肝硬変など),糖原病(グリコーゲン蓄積症),内分泌疾患(良性あるいは悪性の膵島腫瘍,脳下垂体機能不全,アジソン病,成長ホルモン単独欠損症,ACTH単独欠損症,甲状腺機能低下症など),癌・巨大腫瘍(インシュリン様血糖低下物質の産生),アルコール多飲(とくに食物をとらない場合に多い)などがあるが,最も多いのは糖尿病患者のインシュリン注射療法に伴う低血糖症である。…

※「インシュリノーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone