インジギルカ川(読み)インジギルカがわ(英語表記)reka Indigirka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インジギルカ川
インジギルカがわ
reka Indigirka

ロシア東部,サハ共和国東部を流れる川。全長 1726km。流域面積 36万 km2。スンタルハヤタ山脈東部に源を発するハスタフ川とタルインユリャフ川が合流してインジギルカ川になり,オイミャコン高原を北西流したのち,北流してチェルスキー山脈を横切り,ヤナインジギルカ低地を北東流して東シベリア海に注ぐ。河口に面積 5500km2の大きな三角州をつくる。 10月初旬~6月初旬は結氷。河口から右岸支流モマ川の流入点まで 1086kmが航行可能。魚類に富む。流域はほとんど未開発であるが,上流域で砂金採取が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android