コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターコスモス Intercosmos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターコスモス
Intercosmos

ソ連と東ヨーロッパ諸国が共同で軌道に乗せた人工衛星。 1969年 10月ソ連で打上げられ,ソ連,東ドイツ,ルーマニア,チェコスロバキア,ハンガリー,ポーランド,ブルガリアの7ヵ国が,太陽の放射線,紫外線などを共同観測した。 69年 12月に2号,70年8月には3号,70年 10月には4号が打上げられ,2号からはキューバも共同観測に加わった。 73年4月 19日に打上げられたものは,N.コペルニクス生誕 500年を記念して,「コペルニクス 500」と名づけられた。 70年代末までに 20個が打上げられた。ソ連邦崩壊までは,「ソ連東欧宇宙連合」という宇宙科学の推進機関を表わす名称としても用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インターコスモスの関連キーワードボリス ペトロフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android