インターネット銀行(読み)いんたーねっとぎんこう

ASCII.jpデジタル用語辞典「インターネット銀行」の解説

インターネット銀行

インターネット上での営業に特化した銀行のこと。インターネットバンクネット銀行ネットバンクなどとも呼ばれる。Webサイト上で入出金や残高参照口座振り込み、振り替えなどのサービスを提供しており、を運ばなくてもパソコンからサービスを受けられる利点がある。また、実店舗を持たないため人件費店舗維持費などを抑えられ、手数料引き下げなどの付加価値が期待される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「インターネット銀行」の解説

インターネットぎんこう【インターネット銀行】

インターネットのウェブサイト上でのみ、営業活動を行う銀行。実店舗を持つ金融機関インターネットバンキングと比べ、店舗での営業を一切またはほとんど行わない。顧客はパソコンや携帯電話を用いて口座振り込みや振り替え、残高照会などのサービスを利用できる。◇略して「ネット銀行」ともいう。また、「オンライン銀行」「インターネットバンク」「ネットバンク」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「インターネット銀行」の解説

インターネット‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【インターネット銀行】

Internet bankインターネット上での営業に特化した銀行。ウェブサイトで振込み、振替え、残高照会などのサービスを提供し、実店舗をほとんど、あるいはまったくもたない。オンライン銀行。ネットバンク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android