コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダストリアルパーク industrial park

翻訳|industrial park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インダストリアルパーク
industrial park

地域経済の発展をはかる目的で,計画的に企業を集積させた地域。産業用地,企業用地ともいう。1950年代にアメリカ合衆国において生産拠点として考案されたが,産業活動が高度化するにつれ,1980年代にはインキュベーションイノベーション(→技術革新)を促進するための産業開発拠点へと変化した。日本では 1980年以降,大量生産拠点から高付加価値製品の生産拠点へと転換をはかるため,企業誘致型から,域内で新しい産業を創出し雇用を生み出す開発型の地域振興施策が進められた。農村地域工業等導入促進法によって指定を受けた各企業は,税制,助成・奨励金,融資の面で優遇措置が受けられる。中小企業基盤整備機構は,新規立地・増設を進める事業者のために産業用地を提供し,創業・新事業展開の促進,経営基盤の強化などの支援を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

インダストリアルパーク【industrial park】

広大な敷地にデザインを重視してゆったりと立地された工業団地。工場公園。産業公園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インダストリアルパークの関連キーワード宮城県仙台市泉区シリコンバレー工業団地工場公園敷地びわ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android