コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インティライミ〈太陽の祭り〉 インティライミ〈たいようのまつり〉

1件 の用語解説(インティライミ〈太陽の祭り〉の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

インティライミ〈たいようのまつり〉【インティライミ〈太陽の祭り〉】

ペルー南部、アンデス山脈の都市クスコで開催される、太陽の祭り。インカ帝国の帝が、収穫の感謝と豊作祈願を太陽に祈った行事が起源で、スペインによる征服で途絶えていたものを、近年復活させた祭り。太陽の神殿で民族衣装を身にまとった人々が歌い踊り、神に感謝することで、祭りが始まる。リャマの心臓を捧げる儀式など、さまざまな伝統行事が行われる。南アメリカ3大祭りの一つで、この日、クスコは祭日になり、インカ帝国の国旗を掲揚する。開催時期は毎年6月24日。◇クスコの市街世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インティライミ〈太陽の祭り〉の関連キーワードアンデス山脈プノポトシワラスカイラス山秘露オリャンタイタンボシルスタニ遺跡ダーウィンレアピサック

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone