コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテルサット恒久協定 インテルサットこうきゅうきょうていAgreement Relating to the International Telecommunications Satellite Organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテルサット恒久協定
インテルサットこうきゅうきょうてい
Agreement Relating to the International Telecommunications Satellite Organization

国際電気通信衛星機構 (インテルサット) を恒久的制度として確立するための協定。 1973年2月に成立した。インテルサットは,赤道上の静止軌道に打ち上げた通信衛星と,その追跡・管制を受け持つ設備を所有・運用し,各国地上局の利用に供して国際電気通信業務を拡充するための政府間国際機構で,64年8月以来,暫定制度として存続していたが,執行・管理権の平等,地域衛星打ち上げ権などの問題で,アメリカと日欧の間に対立があり,交渉が行なわれていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android