コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテルポラティオ インテルポラティオ interpolatio

1件 の用語解説(インテルポラティオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテルポラティオ
インテルポラティオ
interpolatio

ローマ法大全』特に『勅法彙纂』や『学説彙纂』の立法編纂者が幾世紀も前の勅法や古典法学者の学説を東ローマ帝国の現行法とするため,先の勅法とか学説から抜粋した法文を,当時の法生活と法感情に適合させるために行なった削除,変更,挿入をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインテルポラティオの言及

【法制史】より

…ロマニステンは歴史法学の本来の担い手であり,法実証主義的な〈パンデクテン法学〉と近代的概念および体系を用いたドグマーティッシュなローマ法研究をもたらしたが,パンデクテン法学がほぼ完成に達した1880年代以降,ローマ法研究は法解釈学への奉仕から解放され始める。インテルポラティオinterpolatio(《ローマ法大全》への集録に際して原文に加えられた修正・変更)の研究,ローマ法以外のエジプト法,ギリシア法,バビロニア法等に及ぶ古代法史学の構想はローマ法文化の価値を相対化し,ローマ法(古代法)研究は歴史学として純化される。それでも法学教育では引き続き長い間,現行法に対する入門(実定法の制度や規定の系譜史)として位置づけられた。…

※「インテルポラティオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インテルポラティオの関連キーワード学説彙纂勅法彙纂トリボニアヌスバシリカ法典ローマ法大全ユスティニアヌス法典カノン法大全注釈学派パンデクテン《ローマ法の危機とローマ法学》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone