改竄(読み)カイザン

デジタル大辞泉の解説

かい‐ざん【改×竄】

[名](スル)《「竄」は文字を変える意》文書などの字句を直すこと。特に、悪用するために、勝手に直すこと。「登記簿を改竄する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいざん【改竄】

( 名 ) スル
〔「竄」は改めかえる意〕
文書の字句などを書き直してしまうこと。普通、悪用する場合にいう。 「帳簿を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ざん【改竄】

〘名〙 (「」は、めかえるの意) 文書の文字、語句などを改めなおすこと。書きかえること。現在では、多く自分の都合のいいように直す意に用いる。
※白石先生手簡(1725頃)七「御教示により、まづ落着候て、被仰下候通に皆々改竄候」 〔晉書‐阮籍伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改竄の関連情報