インディペンデント・コントラクター

人事労務用語辞典の解説

インディペンデント・コントラクター

サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org)というNPO法人が設立されており、新しい働き方として広がりつつあります。
(2004/10/15掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android