元手(読み)もとで

精選版 日本国語大辞典「元手」の解説

もと‐で【元手】

〘名〙
① 事業を始めようとする時、設備を整えたり、商品・資材を購入したりするのに必要な金銭。資本
※義経記(室町中か)二「もとで儲けたり」
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)五「商売のもとでをとらすべし」
② 転じて、利益を得たり、生活の糧(かて)を得たりするための根源となるもの。資質、才能、技術など。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「むすめにかかりてよきもとでをえて、たのしくなるもあれば」
※歌舞伎・神有月色世話事(縁結び)(1862)「扇一本本一冊、口が元手(モトデ)の講釈師」
③ 利息を得る目的で、他に貸したり、預けたりする金。元金
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉三「毎歳一百元の本銭(モトデ)にて二十一元の子銭(りそく)を収めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「元手」の解説

もと‐で【元手】

事業などを始めようとするときに必要な金銭。資金。「わずかな元手で商売を始める」「元手がかかる」
生活するためや利益を得るためのもとになるもの。資本。「からだが元手の商売」
[類語]資本資本金資金元金財源キャピタル基金ファンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android