コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドシナ銀行 インドシナぎんこう Banque de l’Indochine

1件 の用語解説(インドシナ銀行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

インドシナぎんこう【インドシナ銀行 Banque de l’Indochine】

1875年設立されたフランス植民地銀行。中国名は東方匯理銀行フランス領インドシナにおける銀行券発行の独占権を付与されたが,一般的な銀行業務も兼業し,徹底的営利主義を貫いた。20世紀初めには中国に支店網を広げ,フランス資本の極東進出の窓口ともなったが,第1次大戦後は事業活動の重点を本来のインドシナ開発に移し,鉱山やプランテーションの開設・増資に積極的に参加,植民地経済界に君臨した。1947年民間銀行に転換。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インドシナ銀行の関連キーワードAFPガボン植民地フランス領インドシナ横浜正金銀行フランス銀行フレンチインディアン戦争CNES西貢フランステレビジオン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone