コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドフェニン反応(読み)インドフェニンはんのう(英語表記)indophenine reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドフェニン反応
インドフェニンはんのう
indophenine reaction

イサチンチオフェンを濃硫酸とふり混ぜたとき,青色のインドフェニンが生成する反応で,チオフェンの検出に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドフェニンはんのう【インドフェニン反応 indophenine reaction】

チオフェンにイサチンと濃硫酸とを作用させるとインドフェニンを生成して青色を呈する反応をいう。チオフェンの活性α水素とイサチンのカルボニル基との脱水縮合反応であり,呈色はきわめて鋭敏で,痕跡量(0.001%)のチオフェンの検出にも利用できる。(化学式) 初めA.バイヤーによってベンゼンの呈色反応と考えられたが,のちにV.マイヤーによって当時の粗製ベンゼン中のチオフェンの呈色反応であることが明らかにされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインドフェニン反応の言及

【イサチン】より

…また,硫酸中ではチオフェンと反応し深青色を呈する。この反応はインドフェニン反応といい,チオフェンの検出に用いられる。アニリンとクロラールおよびヒドロキシルアミンとを縮合させて合成される。…

【チオフェン】より

…水には溶けないが,通常の有機溶媒には可溶。イサチンと濃硫酸を作用させると青色を呈する(インドフェニン反応という)。非常に安定で,850℃に加熱しても分解しない。…

※「インドフェニン反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android