コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフレ・デフレとマクロ経済 いんふれでふれとまくろけいざい inflation/deflation and the macro economy

1件 の用語解説(インフレ・デフレとマクロ経済の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

インフレ・デフレとマクロ経済

インフレーションとデフレーションとは、それぞれ一般物価水準の上昇と低下のことであるが、そのマクロ経済に対する影響は大きく異なる。インフレーションは、モノの値段が上昇することによって負債の実質価値を減少させることになるため、債権者から債務者へ所得の移動が発生するが、逆に、デフレーションは、モノの値段が下落することによって負債の実質価値を上昇させることになるため、債務者から債権者へ所得の移動が発生する。通常マクロ経済における債務者とは企業のことであり、景気循環に最も大きく影響するのは企業の設備投資である。ゆるやかなインフレーションは企業の負債の実質的な価値を減らし、投資意欲を活発化することになるため、景気を活性化させる効果を持つが、逆にデフレーションは企業の負債の実質的な価値を増やし、投資意欲を減退させることになるため、景気を減退させる効果を持つ。1990年代以降の日本経済ではデフレーションが続き、これをどのように止めるかが経済政策上の最大の課題となった。

(荒川章義 九州大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インフレ・デフレとマクロ経済の関連キーワード財政インフレーションディスインフレーションリフレーションコストインフレーション需要インフレーションハイパーインフレーションコアインフレーションインフレーション(インフレ)デフレーション(デフレ)リフレーション(Reflation)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone