コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフレ率目標政策 いんふれりつもくひょうせいさく

1件 の用語解説(インフレ率目標政策の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インフレ率目標政策

インフレ率の目標を設定し、国の中央銀行にその達成を義務付ける金融政策。通常は加熱したインフレの進行の抑制を目的に行なわれるもので、カナダスウェーデンニュージーランドでは成功例がある。日本では1990年代から始まった不況期に、インフレ率目標政策をインフレの促進に応用しようという意見が強まった。具体的には、年1~5%程度の目標を設定し、中央銀行が量的金融緩和によって、市場の貨幣流通量を増やすことで実現する、というものである。デフレ脱却への突破策として主張されていたが、日銀はインフレが過熱しすぎて制御できなくなることを危惧し、導入には終始否定的であった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インフレ率目標政策の関連キーワード財政インフレーションイヤマークインフレーション(インフレ)イングランド銀行(Bank Of England)インフレターゲット(Inflation targeting)テーラールールハイパー・インフレーション(Hyper inflation)リスクバンク(Riksbank)委託介入金融政策とインフレ目標

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone