コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インベーダーゲーム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インベーダーゲーム

1970年代後半に登場した業務用コンピュータ・ゲーム。画面上で攻撃してくるインベーダー (宇宙からの侵略者) をかわしながら撃ち落とすゲームで,単純だが当時としてはスピード感のある展開で爆発的なブームとなり,専門のゲームセンター (インベーダーハウス) やゲーム機を置いた喫茶店などが次々に出現,以後に続くシューティングゲームさきがけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のインベーダーゲームの言及

【スロットマシン】より

…日本にも第2次大戦後遊技機として輸入され,直接硬貨は使用できないが,とくに1960年代以後は新型が輸入あるいは製作されて,ゲームセンターや喫茶店に置かれた。79‐80年に大流行したインベーダーゲームはコンピューターを使用した賭博機械であり,82年には賭金が最高500倍になるポーカーやバカラの遊技機が,関西を中心として爆発的に流行し,取締りの対象となった。【増川 宏一】。…

※「インベーダーゲーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インベーダーゲームの関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インベーダーゲームの関連情報