コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インボイス方式 インボイスホウシキ

デジタル大辞泉の解説

インボイス‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【インボイス方式】

商品の流通過程で仕入先の発行するインボイス送り状・納品書)の提出が義務づけられている方式。インボイスには、商品の価格、仕入先に支払われた税額などが明記されており、これによって控除額が確認され、脱税二重課税の防止に効果がある。日本の消費税では、インボイスを必要としない帳簿方式がとられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

インボイスほうしき【インボイス方式】

付加価値税の実施方法の一。製造元・卸売・小売と商品が流通する間の二重課税を回避するために、仕入商品のインボイス(納品書)に前段階までの支払税額が記され、次段階の税額からそれを控除する。 EU 諸国で採用されている。インボイス税額控除方式。 → 付加価値税

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インボイス方式の関連キーワード付加価値税

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android