イン・しとね(漢字)

普及版 字通「イン・しとね(漢字)」の解説


10画

[字音] イン
[字訓] しとね

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(いん)。因はに人の臥している形で、の初文。草を編んで作り、のち彩飾のあるものを文という。〔説文〕一下に「車の重席なり」とし、の字を録する。金文に虎皮を用いることがみえ、〔詩、秦風、小戎〕の「」もその類であろう。本来は草席をいう字である。

[訓義]
1. しとね。
2. 車の重席として用いる。
3. 虎皮などで作るものをという。

[古辞書の訓]
名義抄 シトネ

[熟語]

[下接語]
・坐・牀・乗・長・重・文

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android