イーター(英語表記)ITER

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーター
ITER

国際熱核融合実験炉 International Thermonuclear Experimental Reactorの略称。 ITERはギリシア語で「道」を意味し,核融合炉の実現への道となることを期待して命名された。 1985年スイスのジュネーブで開催されたアメリカのロナルド・W.レーガン大統領とソビエト連邦のミハイル・S.ゴルバチョフ共産党書記長との首脳会談において,「全人類の恩恵となる核融合開発」の協力事業が提唱された。これにこたえ,日本,ヨーロッパ共同体 EC,アメリカ,ソ連が 1987年に国際協定を締結し,ITERの共同設計作業が始まった。概念設計は 1990年末に完了し,1992年7月協力協定が調印され,茨城県那珂町 (日本原子力研究所那珂研究所) ,ドイツのガルビン,アメリカのカリフォルニア州サンディエゴの3ヵ所に共同中央チームの研究所が設置された。うち日本の担当は真空容器外側の機器の設計。提案されたのは約 1GWの核融合エネルギー出力をもつトカマク型の実験炉で,プラズマ主半径は 8.14m,核融合出力は 1500MW。 1992年から約6年をかけて工学的設計が行なわれたが,その後日本,ヨーロッパ連合 EU,ロシアの3極で建設コストを約2分の1にするコンパクト ITER (プラズマ主半径 6.2m,核融合出力 500MW) の設計がまとめられた。 2005年本体建設地がフランスのカダラッシュに決定した。建設期間 10年,運転期間 20年を予定している。本体の建設予定費は約 5000億円。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

イーター【ITER】

〖International Thermonuclear Experimental Reactor〗
国際熱核融合実験炉。国際原子力機関(IAEA)が核融合研究を国際協力で進める実験炉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イーターの関連情報