イールドスプレッド(読み)いーるどすぷれっど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

イールドスプレッド

債券間または債券と株式の利回り格差のこと。長期金利(10年もの国債の利回り)から株式益利回りを引いた値。長期金利との比較から、株式相場が割安なのか割高なのかを判断する指標。一般にイールドスプレッドが小さくなるほど、株価の割安感が強くなると言われている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イールド‐スプレッド(yield spread)

長期金利から、一株あたりの利益を株価で割った株式益回りを引いたもの。金利・企業業績との比較で株価水準を見る指標となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android