コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレンティニアヌス[1世] Flavius Valentinianus I

世界大百科事典 第2版の解説

ウァレンティニアヌス[1世]【Flavius Valentinianus I】

321‐375
ローマ皇帝。在位364‐375年。パンノニア出身の軍人で,ヨウィアヌス帝の死後軍隊により帝位に擁立された。弟ウァレンスを共治帝とし,自身は西方を統治。主としてトリエルに宮廷を置き,ライン上流のゲルマン諸族と戦って北方辺境の防衛を再建。スコット,ピクト,サクソン諸族のブリタニア侵入やアフリカでのムーア人蜂起は,テオドシウス(テオドシウス1世の父)を起用して撃退した。375年クアディ族の侵入を受けたイリュリクムへ赴き,11月クアディ族の使者と会見中,卒中で死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウァレンティニアヌス[1世]の言及

【ローマ】より

…この時期の主要な対外問題はササン朝であった。次に帝国を担ったのはウァレンティニアヌス1世(在位364‐375)とその弟ウァレンス(在位364‐378)で,この時期の危機は北方国境にあり,ウァレンスは侵入した西ゴート族に敗れ(378),遺体もみつからなかった。ウァレンティニアヌスの息子グラティアヌス(在位367‐383)を補佐したテオドシウス1世(在位379‐395)は,西ゴートを国境外に追えないと悟り,彼らにトラキア管区の北部2州に防衛義務と交換に定住地を与えた。…

※「ウァレンティニアヌス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウァレンティニアヌス[1世]の関連キーワードウァレンチニアヌス1世現場検証アンティパトロス伝聞例外近肖古王SH-AWD近肖古王近肖古王ウァレンティニアヌス(1世)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android