コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィスマル Wismar

1件 の用語解説(ウィスマルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィスマル【Wismar】

ドイツ北部,メクレンブルク・フォアポンメルン州の港湾都市。人口5万4000(1991)。バルト海に面する。造船業,食品業が行われる。12世紀にリューベックの影響下に一漁村から商業都市へと発達。早くからリューベックの盟友としてハンザ同盟中核都市の一つとなり,都市連合の維持に貢献した。中継貿易のみならず,中世以来ビールの醸造・輸出でも知られた。中世を通じてメクレンブルク大公領に属し,三十年戦争後,スウェーデン領となったが,1803年旧主に復帰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィスマルの関連キーワードウィスマールシュトラルズントリューゲン島シュウェーリンメクレンブルクフォアポンメルンラッツェブルクロストックワルネミュンデエーデンブルクハイリゲンダム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone