ウィスマル(英語表記)Wismar

世界大百科事典 第2版の解説

ウィスマル【Wismar】

ドイツ北部,メクレンブルク・フォアポンメルン州の港湾都市。人口5万4000(1991)。バルト海に面する。造船業,食品業が行われる。12世紀にリューベックの影響下に一漁村から商業都市へと発達。早くからリューベックの盟友としてハンザ同盟中核都市の一つとなり,都市連合の維持に貢献した。中継貿易のみならず,中世以来ビールの醸造輸出でも知られた。中世を通じてメクレンブルク大公領に属し,三十年戦争後,スウェーデン領となったが,1803年旧主に復帰した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android