ウィズアウト・リコース・クレジット(英語表記)without recourse credit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィズアウト・リコース・クレジット
without recourse credit

信用状に基づいて振出された手形不渡りとなった場合,手形振出人に償還請求ができないもの。すなわち手形上の遡及権の行使を認めない信用状のことで,手形上の遡及権を認める信用状のウィズ・リコース・クレジット with recourse creditに対する用語。一般に取消不能信用状ならば,それに基づいて振出される手形はウィズアウト・リコースであると考えられているが,両者はまったく別個の概念で,信用状発行銀行の支払いの確約は,あくまでも手形が信用状条件に合致した場合にのみ実行されるものであるから,信用状条件に不一致があれば,たとえ取消不能信用状であっても手形の引受けあるいは支払いを拒絶されうる。日本の手形法では,手形の信用を厚くするため支払無担保の文言は無効とされているが (9条2項) ,英米法では引受無担保とともに認められているため,"Without Recourse"文言で振出されることがある。ウィズアウト・リコースの手形は,国際金融市場では再割引の対象外である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android