ウィゼバ(英語表記)Teodor de Wyzewa

世界大百科事典 第2版の解説

ウィゼバ【Teodor de Wyzewa】

1863‐1917
象徴主義の理論家。ポーランドの生れ。本名ビゼフスキWyzewski。6歳のときフランスに移り,同国でのワーグナー崇拝の風潮に乗じて1885年,E.デュジャルダンとともに《ワーグナー評論》誌を創刊し,《ワーグナーの芸術》(1886年5,6月号)によってフランス象徴詩派の理論家として登場,さらに86年11月からは第3次《独立評論》誌に拠ってS.マラルメを中心とする象徴主義理論の基礎を築いた(1887年2月号)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android