コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィゼバ Teodor de Wyzewa

世界大百科事典 第2版の解説

ウィゼバ【Teodor de Wyzewa】

1863‐1917
象徴主義理論家。ポーランドの生れ。本名ビゼフスキWyzewski。6歳のときフランスに移り,同国でのワーグナー崇拝の風潮に乗じて1885年,E.デュジャルダンとともに《ワーグナー評論》誌を創刊し,《ワーグナーの芸術》(1886年5,6月号)によってフランス象徴詩派の理論家として登場,さらに86年11月からは第3次《独立評論》誌に拠ってS.マラルメを中心とする象徴主義理論の基礎を築いた(1887年2月号)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィゼバの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリングリュクスボー朝グリュックスボー朝ユダヤ演劇TGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android