独立評論(読み)どくりつひょうろん

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつひょうろん【独立評論】

山路愛山が発刊した個人雑誌。1903年1月創刊の月刊誌で16年8月まで刊行(その間1910年9月~13年1月までは愛山が《国民雑誌》主宰となったため休刊)。文人としての事業を独力で行うことに愛山の主旨があり,雑誌の購読は前金制であった。当初,対露強硬論と財閥打破のための国家社会主義の提唱を特徴とした。政治評論,人物論,史論などを掲載し,愛山晩年の言論活動の主要な場となった。【坂本 多加雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android