独立評論(読み)どくりつひょうろん

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつひょうろん【独立評論】

山路愛山が発刊した個人雑誌。1903年1月創刊の月刊誌で16年8月まで刊行(その間1910年9月~13年1月までは愛山が《国民雑誌》主宰となったため休刊)。文人としての事業を独力で行うことに愛山の主旨があり,雑誌の購読は前金制であった。当初,対露強硬論と財閥打破のための国家社会主義の提唱を特徴とした。政治評論,人物論,史論などを掲載し,愛山晩年の言論活動の主要な場となった。【坂本 多加雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android