コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィッテンワイラー Heinrich Wittenweiler

1件 の用語解説(ウィッテンワイラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィッテンワイラー【Heinrich Wittenweiler】

中世後期のスイスの詩人。ウィッテンウィーラーWittenwilerともよばれる。法律家であったらしいが,伝記は不詳。ドイツ語の長編叙事詩《指輪》(1400ころ)は農民の結婚をめぐって起こるグロテスクな事件を,本気と諧謔をないまぜにして描いた,宮廷叙事詩のパロディで,風刺のきいた教訓詩である。作者が宝石をちりばめた指輪にたとえたこの物語は,いわば処世智を満載した百科全書として,中世末期の庶民の慣習や生活感情を知るうえの貴重な資料を豊富に提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィッテンワイラーの関連キーワードウィッテウィッテンベルクゴールデンウィークアバーコンウィハウスウィーン古典派ウィッティールックコンウィスウィーティウィッシュ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone