コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィッテンワイラー Heinrich Wittenweiler

1件 の用語解説(ウィッテンワイラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィッテンワイラー【Heinrich Wittenweiler】

中世後期のスイスの詩人。ウィッテンウィーラーWittenwilerともよばれる。法律家であったらしいが,伝記は不詳。ドイツ語の長編叙事詩《指輪》(1400ころ)は農民の結婚をめぐって起こるグロテスクな事件を,本気と諧謔をないまぜにして描いた,宮廷叙事詩のパロディで,風刺のきいた教訓詩である。作者が宝石をちりばめた指輪にたとえたこの物語は,いわば処世智を満載した百科全書として,中世末期の庶民の慣習や生活感情を知るうえの貴重な資料を豊富に提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone