諧謔(読み)かいぎゃく(英語表記)humour

翻訳|humour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「諧謔」の解説

諧謔
かいぎゃく
humour

おもしろさと共感とが混り合った状況を描写する,言葉または動作による表現。機知滑稽と同じく笑いを引起す。 S.フロイトは著作『機知-その無意識との関係』 Der Witz und seine Beziehung zum Unbewußten (1905) などのなかで,自己の不幸を軽減するような笑いの原因をとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「諧謔」の解説

かい‐ぎゃく【諧謔・詼クヮイ謔】

〘名〙 (「諧」「詼」「謔」はいずれもたわむれ、冗談の意) おどけた滑稽なことば。また、おどけた滑稽なこと。詼諧。かいげき。
※真愚稿(1422頃か)喜鄂隠上人見訪詩并序「願一往一来諧謔如平昔而不得」
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「一流の苦い諧謔を弄することもあった」 〔晉書‐顧愷之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android