コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィティヒ反応 ウィティヒはんのうWittig reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ウィティヒはんのう【ウィティヒ反応 Wittig reaction】

リン化合物(ホスホランまたはホスホニウム)のイリドを用いて,アルデヒドまたはケトンのカルボニル(C=O)をメチレン(C=CHR,Rは種々の置換基)に変換する反応。発見者である西ドイツのウィティヒGeorg Wittig(1897‐1987)にちなんでウィティヒ反応またはビッティヒ反応と呼ばれる。それまでケトンやアルデヒドのカルボニル基をC=CHRに1段階で変える反応はなかったが,ウィティヒ反応によってそれが可能となり,ウィティヒは1979年ノーベル化学賞を受賞した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報