コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィティヒ反応 ウィティヒはんのう Wittig reaction

1件 の用語解説(ウィティヒ反応の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィティヒはんのう【ウィティヒ反応 Wittig reaction】

リン化合物(ホスホランまたはホスホニウム)のイリドを用いて,アルデヒドまたはケトンカルボニル(C=O)をメチレン(C=CHR,Rは種々の置換基)に変換する反応。発見者である西ドイツのウィティヒGeorg Wittig(1897‐1987)にちなんでウィティヒ反応またはビッティヒ反応呼ばれる。それまでケトンやアルデヒドのカルボニル基をC=CHRに1段階で変える反応はなかったが,ウィティヒ反応によってそれが可能となり,ウィティヒは1979ノーベル化学賞を受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィティヒ反応の関連キーワードホスホグリセリン酸ホスホリラーゼホスホン酸ホステラーホスホエノールピルビン酸トランスホスホリラーゼホスホトランスフェラーゼホスホリピドホスホリラーゼキナーゼホスホリラーゼ限界デキストリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone