コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィドゥキント Widukind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィドゥキント
Widukind

[生]?
[没]804/812
フランク王カルル1世 (大帝) に抵抗したザクセン (サクソン) 人の指導者。 782年カルルがザクセンをフランク王国の行政区域に編入しようとしたとき,ウェストファリア地方の豪族であるウィドゥキントは,フランクの支配とキリスト教化に反抗する大規模な民衆の反乱の先頭に立った。しかし 785年にはフランクに服属し,アティニーで洗礼を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィドゥキント【Widukind】

?‐797か807
フランク王国のカール大帝の支配とキリスト教化に頑強に抵抗したウェストファーレン地方のザクセン族の指導者。777年,敗れてデンマークに亡命するが,翌年フランク王国領内深くフルダまで侵入し,782年にはフランク遠征軍をほとんど全滅させる。カール大帝が782年フェルデンで4500人のザクセン人を虐殺して報復した後も抵抗をつづける。785年まで3度も激しい攻撃を受けるが,この年和解しキリスト教の洗礼を受ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウィドゥキントの関連キーワードザクセン戦争

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android