ウィネトカ・システム(英語表記)Winnetka system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウィネトカ・システム」の解説

ウィネトカ・システム
Winnetka system

ウィネトカ・プランとも呼ばれる。 C.ウォシュバーンがシカゴ市の北郊ウィネトカの公立小学校で 1919年から行なった革新的な学習指導法。共通の必修教材を個別的に学習し,集団的,創造的教材を分団的協同作業で学習するもの。学級をはずし,自学自習を基本として,個人差に応じる学習の展開を目指した。この実践からワーク・ブックが発達し普及した。ドールトン・プラン同類で,今日のプログラム学習の先駆的発想ともみられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android