ウィリアム・ステューアート ホルステッド(英語表記)William Stewart Halsted

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム・ステューアート ホルステッド
William Stewart Halsted


1852.9.23 - 1922.9.7
外科医
元・ジョンズ・ホプキンズ大学教授。
ニューヨーク生まれ。
ヴォイル・カレッジ、ニューヨーク大学で学び、1878年にベレビュー病院で外科医の訓練終了後、ヨーロッパに留学する。オーストリア、ドイツで研修を行い、1880年に帰国し、母校ニューヨーク大学解剖学講師となる。1886年ジョンズ・ホプキンズ大学に移り、1890年同大学病院主任外科医を経て、1892年同大学外科教授。乳ガン、鼠蹊脱腸の手術法を考案し、成功したほか、手術の際の減菌ゴム手袋使用、局所麻酔剤としてコカインを注射したことで知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android