ウィルトン文化(読み)ウィルトンぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルトンぶんか【ウィルトン文化】

南アフリカ共和国ケープ州のウィルトンWilton遺跡を標式とする石器時代文化。木や骨の柄にはめこんで使用する小型の石器=細石器が多用されたことに特色があり,ヨーロッパ・アジアの中石器文化に相当する。骨製の尖頭器・錐などの道具や,ダチョウ卵殻あるいはスレート製の垂飾が一般的に用いられたのも特徴の一つ。南アフリカから東アフリカにかけての草原に分布し,岩陰または湖岸に占地した遺跡もみられる。完新世(沖積世)初めの湿潤期を中心に栄え,いくつかの地域相に分かれながら歴史時代までつづいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android