ウィルトン文化(読み)ウィルトンぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

南アフリカ共和国ケープ州のウィルトンWilton遺跡標式とする石器時代文化。木や骨の柄にはめこんで使用する小型の石器=細石器が多用されたことに特色があり,ヨーロッパ・アジアの中石器文化に相当する。骨製の尖頭器・などの道具や,ダチョウ卵殻あるいはスレート製の垂飾が一般的に用いられたのも特徴の一つ。南アフリカから東アフリカにかけての草原に分布し,岩陰または湖岸地した遺跡もみられる。完新世(沖積世)初めの湿潤期を中心に栄え,いくつかの地域相に分かれながら歴史時代までつづいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android